ffmpegで動画のタイムスタンプが無くなったので対策

insta360 Go2で録った動画が上下反転(180度回転)してる事に気がついたのは、ファイル名を付け直してバックアップが一通り終わってから、PS4で再生したときだった。MP4動画ファイルの中にrotate属性があり、これを反映させれば正常な向きの動画(PS3ではこれを行わないと破損ファイル扱いになって再生できない)になる事がわかったので、ffmpegを使って回転するツール(スクリプト)を作り、対応した。が、この作業でタイムスタンプ属性(creation_time)が削除されてしまった。

ffmpegで作業すると明示的に属性を書き込まないと、コピーされないらしい。

ffmpeg -i $file.original -c:a copy -n -metadata creation_time=”2022-01-06T12:34:56.000000Z” $file

こんな感じでcreation_time属性を指定する必要がある。とりあえず今後の為にタイムスタンプ属性を元ファイルから読み出しておいて、これを付けて回転させるスクリプトをつくった。

もしかするとffmpegの引数(オプション)でタイムスタンプ属性をコピー出来たり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください