WIFI更新でトラブる

WIFIのアクセスポイントを1階リビングの天井近くの壁に設置しているのだが、2階に行くと電波が弱いとクレームがついた。TP-Linkのwifiルーター、Archer C6 を使っていて、情報漏洩の懸念も有り、良い機会なので国内ブランドの物に買い換えることにした。で、選んだのはバッファローの WSR-1800AX4S/NWH だ。詳細は割愛するが複数台を連携するメッシュWIFIなるものを構成でき、電波の届きにくい場所に中継する事が出来るらしい。と言うことで、2台セットで購入。

1階にあったWiFiルーターはアクセスポイントの他にネットワークハブとしても使っていて、PS3とNAS(RaspberryPi2+SSD)が繋がっている。壁面をスッキリさせたかったので、撤去、ネットワークケーブルはPS3に直結した。移設場所は2階の、etherコンセント近くの机の下(天板の裏)にした。ここにはデスクトップPCとレーザープリンターがハブを介してネットワーク接続しているのだが、ここにwifiルーターを持ってくればルーター内蔵のハブが使えるので、機材を減らす事ができる。

WiFiルーターは名前の通りルーター機能があるのだが、上流にもauひかりのルーターが有るので、二重ルーター構成になりトラブルの原因になる。と言うことでWiFiルーターの「ルーター機能」は止めて「アクセスポイントモード」で使う設定に切り替えた。ネットワーク機器側の設定は出来るだけイジらなくて済むように、SSIDとパスワードは古いWiFiルーターから引き継いでおく。これでOK

wifiルーターを再起動し、スマホで確認。wifiの電波はOK,インターネットにもつながる事が確認できた。と、ここまでは順調に来たのだが、一時間もたないうちにwifiが不安定になって来た。5GのWiFiが切れて2.4Gに切り替わったかと思うと、また切れて5Gに繋がったり…。それでも暫くは何とか使えていたのだが、それも束の間、wifiの電波は掴んでいるけどインターネットに接続出来ない。状況を確認しようと、WiFiルーター(と言ってもルーター機能は止めてある)に繋がったデスクトップPCを起動してみた、が、このPCもインターネットに出られない!!。まさか?と思い1階に降りてPS3でも確認。外に出られない。ところが、このケーブルに別のノートPCを繋ぐと何の問題もなくインターネットに接続できた。何が起きているのかサッパリ分からなくなった。接続する機器依存でインターネット接続できる・出来ないがある感じだ。

結局、2時間以上格闘しようやく解決した。なんと上位ルーターを再起動しただけだ。

※メッシュwifi用に2台買ったが、1台でも電波状況が良くなったので取り敢えず1台で様子見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください