エコキュートの消費電力を可視化する

太陽光発電を設置すると、発電量や消費電力をモニタリングできるコントローラーがもれなく付いてくる。太陽光の発電量が自宅の電力消費量を上回ると、余った電力が電力会社の方に押し戻される仕組み(系統連携、逆潮流)があり、この状態を見ることができるのだ。通常の一般家庭の売電契約(余った電力 = 余剰電力のみ売る)の場合、プレミアム価格で買い取ってもらえるのは10年間だけ(事業用の全量買取の場合は20年間)になっている。これを過ぎると、逆に普段使っている時の電力料金より無茶苦茶安い価格になる。うちの場合、1kwhあたり48円で買い取って貰っていたのだが、一昨年から8.5円になった。

続きを読む →

キッチン照明の埋め込みスイッチ交換

キッチンのシーリングライトがオフ出来なくなった。どうやら壁にあるスイッチが壊れたようだ。昔はフルカラーとか言う規格(シリーズ)のスイッチやコンセントが埋め込まれていた記憶があるのだが、壊れたスイッチのパネルを外して見てみると見馴れないスイッチが…。品番を検索してみると、コスモシリーズワイド21と言う物らしいことが判った。

WT5001
続きを読む →

液晶テレビ(薄型テレビ)用パワーアンプを作る

最近の – いやもう最近と言うにはずいぶん経っているが – 液晶テレビは奥行きがあまり無いので、まともな容積のスピーカーは入っていない。よって、よほどオーディオの事を考えたものでない限り、取りあえず鳴ればいいみたいなスピーカーが付いている。特に低音が出ないので、映画とかを見ていても臨場感がいまいち。昔であれば、バワーアンプ用のIC、多少の抵抗・コンデンサ、電源トランスなんかを買ってきて、プリント基盤のパターンを書き…てな具合で作ったりしていたのだが。

今はこの領域もデジタル化が進み、安価なアンプはD級アンプになり、メイン基盤はかなり小型化、省電力化が進んでいる。

今回もWEBを漁ると、OEP30Wと言うパワーアンプモジュールが見つかった。一個243円。五個注文したら送料は199円だった。12Vで負荷8オームで10W、24Vまで上げると30Wまで出るようだ。しかも2CHぶん入っている。

OEP30Wx2
続きを読む →

ルミナス(メタルラック)にVESAアームを付ける

4月から基本テレワークとなり、自宅に会社のラップトップを持ち込んで作業している。オンラインミーティングも有るので二階の上、ロフトに環境を構築した。ロフトには小さな作業台が有ったので、初めはここにラップトップPCを置いて座椅子で作業していた。ラップトップでは画面が小さく作業効率が悪いので、少し大きめのモニターが無いかとアマゾンで探した。で、見つけたのがこれ。28インチで、4kのモニターだ。だが、会社のラップトップPCは外部HDMI出力は2k迄だったことに後で気がつく。まあ自分のPCにも繋ぐのでそこは問題ないのだが、2k出力を4kモニターで表示すると、ちょっモヤっとした感じになり少し残念な気持ちになる。

続きを読む →