Giviボックスのキーシリンダーを交換する

バイクの荷台に取り付けるトランクボックスが2個ある。

左は10年以上前のもの。

ちなみに、Givi社のトランクボックスにはモノキーとモノロックの2つのキーシステムがあるが、今使っているのはどちらもモノキータイプ。

で、見ての通り、積載量が違うので使い分けているのだが、キーが共通でない(当たり前だか)ので、キーホルダーには常に2つ鍵をつけている。

検索すると、キー共通化のためのシリンダーセットを見つけた。

3個セット。

鍵はシリンダーごとに2個付いているので全部で6個。

2つはキーホルダーにつけるので、残り4つがスペアになる。

交換は簡単だ。Giviボックスのキーを解除して裏側に付いているスナップリングを外し(先の細いラジオペンチでOK)シリンダーを抜き取る。

鍵をあけたところ。スナップリングは外した。

シリンダーはさらにスリーブに刺さっていて、このスリーブも新しいものに交換。が、スリーブに出っ張りがあってそのままでは使えなかった。

下のシルバーが元々の物。上の黒いほうが新しいスリーブ。

新しいものは切り欠きを合わせる事で向きを間違えることが無いようになっている。

出っ張りを削り取る

なお、2つあるボックスのうち新しい方は本体側に切り欠きがあり、無加工でスリーブが入った。

3セットだったので1つ余っているが、もう1つ追加したとき用に無くさないように保管。

老舗ブランドの製品は多少値段が高くても互換性が保たれて、長く使い回し出来るのか良い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =