MAGNESIUM8(フォールディングバイク)のチェーンリング

フォールディングバイクの高速化、というか、高速側のケイデンスが上がり過ぎないようにチェーンリングを大きい物(47Tから56T)に交換してみた。結果は失敗だったが。

海外通販で2000円位。

47Tから56Tへの拡大なので9T増える。なのでチェーンは4リンクは多く必要な感じ。

オリジナルが100リンクだったので、とりあえず、大昔のロードバイクから取って保管しておいた106リンクのチェーンに交換し、チェーンリングも交換。

リアディレーラーを操作してインナーにシフトしてみると大きい方3枚あたりにシフトしようとすると、チェーンが脱落。

動作を観察すると、チェーンがチェーンリングの歯の頭に引っかかり、乗り越えてしまっている。

昔使っていたチェーンなので若干の伸びてはいるが、使い物にならない。

で、チェーンリングもよく見てみると刃先の形状が異なっていた。

オリジナルのほうは外側に向かって薄くなっているが、

購入したものは厚さが均一になっている。

この厚さのために、チェーンラインがずれた時(リアがインナー側)に歯の上に乗り上げてしまうようだ。

このままでは「散財」になってしまう…。

いずれ新しいチェーンを買って、更にチェーンリングの刃先を削って薄くしてトライせねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − eleven =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.