ジャンプスターター

ジャンプスターター

XTZ 125を買ってからあまり乗らなくなったスクーター、Spacy100の自賠責を更新したので、ナンバープレートのシールを貼りなおした。しばらく乗っていなかったので、不安ではあったのだが、エンジンをかけてみる。

ん、セルが回らん。小さく「カチッ」というだけ。少しは予想していたのだがここまでキテるとは…

キックもついているので頑張ってかけようとするも駄目。気温のせいもあるのか、キックの戻りも弱い。バッテリーチャージャーで充電しようかと、チャージャーを持ってきたが電源が届かない。延長ケーブルを取りに行こうと思っているうちに、リチウムバッテリーのジャンプスターターを持っていた事に気がついた。山中でバッテリーが上がった時のために車に積んであるが、モバイルバッテリーとしては使った事はあったが、スターター用途では使った事はない。しかも最後にフル充電したのはいつだったか…?

LEDインジケータで確認してみると、なんとフル充電状態。一応リチウムだから自己放電も少ないという事か。

早速バッテリー端子にジャンプスターターのクリップを接続してセルスイッチON 。おぉ、セルは勢い良く回る!が、空回りしてかからん。このバイク、以前からセルのラチェット機構に不具合が有るのか、空回りすることが良くある。タイヤを回してラチェット?の位置をずらしたり(出来るのか分からないが)何度もトライしているうちに、ようやくかかった!

取り敢えずしばらくアイドリングで充電していたが、しばらく乗っていなかったので、空気圧をチェック&補充して30分位乗ってみることにした。

ついでに買い物を頼まれたので若干の、いや、大きな不安はあったのだが、出先でエンジンを止めた。買い物を終え駐輪場に戻る。キーを差しスタータースイッチを押す…。

何も起きない。家で最初にかけようとした時と同じ。全然充電出来てない。まぁエンジンは暖まってるし、オイルも回ってるから大丈夫だろうという希望的観測でキックしてみると、あっさりと始動。

帰ってからバッテリーを外してチャージャーに繋いで充電。1分位待つとエラー表示。バッテリー交換決定。

駄目になったバッテリー

まあ昔はバイク用の小型バッテリーはやたらと高かったけど、今はアマゾンで探せば結構安いのが見つかるから、いい時代になったもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください