リチウム電池の充電器

USB給電型のリチウム充電器。 送料込みで676円。

モバイル機器のバッテリーはリチウムかニッケル水素を使っている。単3や単4とかの昔ながらの乾電池型であれば、サイズは規格化されているので汎用の充電器が大体使える。

スマフォはクレードルかUSB 充電で、予備バッテリーに差し換えて使うことはない。モバイルバッテリーに繋いで補充電しながらでも使えなくはない。

問題はカメラ。バンバン撮っていると結構消費する。USB 充電出来ない機種、充電しながらだと使いにくいという事もある。

予備バッテリーという事になるのだが、純正品は結構高い。結局互換バッテリーにたどり着く。

問題は充電器。リチウム電池も円筒形のものであればある程度サイズが規格化されているので汎用充電器も存在するのだが、カメラ用バッテリーのような箱形は各社サイズがまちまちだ。結局、バッテリー毎にそれようの充電器が必要になる。

だが、互換バッテリーや充電器を探していると、似たような形状の充電器が有ることに気がつく。

充電器本体とホルダー部分に分離できる

右上から時計回りにAC&Carチャージャー、USB チャージャー、ホルダー部(裏側)、ホルダー部(表側)。

旅行などで出掛ける時は、本体は共通なので一台だけ持ち、必要なバッテリーホルダーだけ持ち出せばOK。本体は余っているので車にも一台置きっぱなしにして置けば便利。

で、直近に買ったのはUSB電源対応の本体。モバイルバッテリーからカメラの予備バッテリーに充電できるようになる。こんな状況が頻繁にあるとは思えないが、例えば、電源の確保出来ないキャンプ場から荷物をデポしてハイキングする時。ベースキャンプにモバイルバッテリーを持ち込めば、ここでカメラの予備バッテリーに補充電できる。

まあこのUSB 充電器、LCD に進捗(おそらく電圧)が4段階で表示されるのでバッテリーの管理にも使えるし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − five =