ワークマンのアウトドアウェア

作業着専門店のワークマン、最近は「フィールドコア」というアウトドアブランドを立ち上げてローコストなウェアを展開している。

普段の通勤時には、トレランザックの底に大昔に買った雨具上下を忍ばせていて、いざというときにも対応出来るようにしている。で、通常の荷物はこの上に押し込んでいるので普段のアクセスはあまり良くない。なのでちょっと寒そうな時はコンパクトなウィンドブレーカーを持っていったりする。底に押し込んである古い雨具はゴアテックスな事もあり、結構嵩張る。しかも軽くない。さっき改めて計ったら290gあった。

そんな時にワークマンの防水ウィンドブレーカー、エアシェルジャケットという物が2900円で買えるという情報を見つけた。

収納サイズも小さそうだ。実物の確認の為、店に行ってみることにした。サイズ展開はS/M/L/LL/3Lが有った。ちなみにワークマンは全体的に大判側のサイズ展開が多いようで、Sサイズが無いアイテムもある。

サイズ的にはSかMか。最初にSを着てみると、若干タイト。寒い季節で少し厚着していたら駄目っぽい。Mを試すと袖や身頃の長さはSとあまり変わらないが幅に少し余裕があり少し厚着しても対応出来そうだ。スタッフバッグか胸ポケットを裏返して収納するようになっている。

後で分かった事なのだが、トレランザックを背負ったままでも、窮屈ながら着られる事が分かった。

スタッフバッグは余裕があるので仕舞い易い。もう一回り小さくても問題無さそうな感じだ。

サイズ比較のために写真を撮ってみた。左からモンベル(88g)、ワークマン(153g)、アクシーズクイン(290g)。

サイズはモンベルより一回り大きいが、今持ち歩いているアクシーズクインの物に比べるとかなり小さい。重さも半分位。ただ防水性能は2000mmなので大雨の中を何時間も、とかは駄目なようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください