スマホの完全初期化 – fujitsu arrows m01

メールを整理していたら以前娘が使っていたスマホの初期化方法のメモが見つかった。備忘録として書いておこうと思う。

初期化にはいろいろなレベルがあるが、これは完全初期化。パスワードを忘れてログイン出来なくても関係ない。その呼び方の通り、工場出荷時の初期化なので、買ってきて初めて開封したときのような状態になる。中古で売るときとかに、個人情報なんかが入ったまま下取りや中古業者に出さなく出来る。

機種や、更にはバージョンにより異なるが今回の対象は富士通arrows M01。2016年発売のスマホだ。

1.端末の3つの物理ボタン、音量Up/音量Down/電源すべてを同時に押してLEDが緑点灯したら全部離す
2.「POWERED BY android」が表示され、それが消えたら音量Up/電源の2つを「Android system recovery」メニューが表示されるまで押し続ける

システムリカバリーメニュー


3.音量Up/Downでメニューを選択し、電源ボタンを押して実行する

最終警告画面

システムリカバリーのメニューは4つ
Cancel
Factory data reset
System update
System check

初期化なので、Factory data reset を選択

次の警告画面でOKを選択して実行すれば初期化される。

もっと古い端末だと音量up+電源の長押しとか、もっと簡単に初期化メニューに入れたものが多かった気がする。あまり簡単に初期化出来ると、他人の端末をイタズラできてしまうので、メーカーが対策したのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + twelve =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください