「二段ハトメ」で結ぶ

BOAシステムという、靴紐を使わずに細いワイヤーをリール式のダイアルで締め上げる方式の靴を幾つか使っていた。下がその一つ。

モンベル トレールウォーカー

最近の靴はクッション性を重視するためか、ミッドソールと呼ばれる部分が厚い代わりにソールのゴムが薄い傾向にあるように感じる。そうすると、靴自体はあまり痛んでいなくてもソールが減ってしまうことで寿命がくる。

話は逸れたが、BOAシステムは使い出すとかなり便利だ。紐靴だと、ちゃんとしめると脱ぐときに紐を緩めるのが面倒だ。で、たまたま最近知った「二段ハトメ」という結び方が案外便利なので書いておく。この締め方、脱ぎやすくするためのものではなく、靴と足を適切に密着させるための方法で、アシックスが考案したようだ。靴を締め上げるときに、最後の2つ、一番足首に近い穴の使い方がちょっと変わっている。

上の2つの穴

写真のように反対側に折り返さずに、同じ側で二度通す。(反対側も同様)

反対側の紐を間に通す

そしてこれを折り返して引っ張り、あとは普段通りに結ぶ。

紐が紐を引っ張っている状態

この逆V字になっている部分がミソで、脱ぐときに結びを解きベロの部分を上に引っ張ると、

逆V字部分に注目

V字部分がベロに引っ張られて引っ込み、足の甲部分の締めつけが一気に緩む。

締めるときに逆V字の長さをうまく調節して余裕を持たせておくことで脱ぎ履きが楽になる。BOAは便利だけど靴の選択肢が狭くなるから、これである程度解決できるなら、まあいいかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください