スタッドレスタイヤ更新

5シーズン使ったスタッドレスタイヤ、ブリジストンのREVO GZ。プラットホームが現れ(ブロックパターンが繋がり)雪用タイヤとしては使えない状態になっている。標準タイヤサイズは185/55R15、インチダウンして外周を合わせるので、14インチにして175/65R14にする。タイヤも安くなりタイヤハイトも稼げて幅も細くなり一石三鳥

5シーズン使ったREVO GZ。プラットホームあらわる

夏タイヤとしてはまだ使えなくはないが、先シーズンは氷上性能はかなり悪化していた。停止はまだイイのだが、2駆と言う事もあり発進、特に上り坂が気を使う。

とは言え、普段は南関東でほとんど舗装路走行、保険的な意味で装着するので、高速を使ってスキー場に行くなどしないかぎり、このタイヤでしのげなくはない。もちろんチェーンは常時携行している。

2014年39週製造の刻印

まあ、5年も使ったしそろそろ交換しても良いだろうと言うことで、WEBを漁ると、案の定BS推しが目立つ。あとはDLやYH。タイヤサイズ的に工賃込みで4~5万を想定してカー用品店に行ってみた。近くの2軒だけ見たのだが、国内の有名タイヤブランドに混ざってピレリーのスタッドレスが激安で並んでいた。

PIRELLY ICE ASIMMETRICO, 175/65R14

タイヤ4本で二万弱(税別)、工賃やタイヤ処分費用含めて税込みで三万切ってる。全く想定外だったので、WEBのレビューなんかも見てないから一旦家に戻ってチェック。評価も二分していて、全然問題無いと言う人もいれば、氷上性能はは全然ダメ、みたいな評価の人も…。結局Youtube動画等も見て舗装路メインで雪道(特にアイスバーン)の保険的な使い方であれば問題無さそうという「確信」を得た。まあ、自分で自分の背中を押したと言うだけの事だが。

今まで使っていた夏タイヤも車検限界レベルの磨耗でステアリンク操作は重くなっていた事もあるが、交換でかなり軽くなった。

新品当時のREVO GZから五年も経っているので、比較は難しいが、ICE ASIMMETRICOの方がステアリング操作時のグニャり感は少ない気がする。あと、webサイトの受け売りだが、ヨーロッパブランドのタイヤは舗装路の走行性能も重視しているらしい。(ピレリは中国資本企業の傘下になっているらしいが)。

これでしばらく走ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください