コードレスマルチツールをAC100V駆動してみる

以前、ブラック&デッカーのマルテツールをリチウム(18650)で駆動しようとしてダメだったのだが、AC100Vで使えるようにしてみた。ebayで小型のスイッチング電源モジュール(12V13A)が売られているのを見つけたのでこれを使う。送料込みで1300円強。これを、「ダメになったツール用バッテリーからニッカドを取り外したモノ」にからケーブルを伸ばし、接続するだけ。

バッテリーから直接ケーブルを生やす

電源は12Vと言うこともあり、主に自動車用として売られている安価な2極カプラーを使うことにする。

電源モジュールと出力用カプラー

左下のパーツは在庫していたスイッチ・ヒューズ・インレットが一体化したパーツ。ただ今回買った電源用の箱(ホムセンで良く見かけるパーツボックス)にはサイズの関係で綺麗に取り付けできるスペースがないので先送り。

取りあえず、稼動確認できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください