ソーシャル・ディスタンス?

新型コロナの流行が伝えられ、暫くして感染予防の観点から「3つの密を避けよう」いう流れになっている。で、これを避ける言葉の一つに、人と人との距離を取りましょうという意味で、当初「ソーシャル・ディスタンシング(social distancing)」という英語のフレーズが海外から入ってきた。

このフレーズを最初に聞いたときに、ソーシャルディスタンスじゃないんだ…と思って、Google翻訳で調べてみたら、

social distancing => 人ごみを避ける
social distance => 社会的距離

と出てきた。更に、social distanceを英語サイトのwikipediaで調べてみると、
「社会階級、人種/民族、性別、性別など、社会のさまざまなグループ間の距離」となっていた。一方の(当初伝わってきた正しい用法の)social distancingはどうなっているのか見てみると、「物理的距離とも呼ばれ…伝染病の蔓延を防ぐために行われる一連の非薬剤的介入または措置」と書かれていた。

テレビ・ラジオなどのマスメディアでは、最初のころは「ソーシャルディスタンシング」を使っていて、自分的に日本人にはなじみのない感じがしていたが、正しいフレーズが使われていた。が、暫くすると、「ソーシャルディスタンス」に代わってゆき、今ではディスタンシングは聞かれなくなった。

マスメディアには、できるだけ正しいフレーズを使ってもらいたいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください