フレンチプレスでコーヒー

それほどコーヒーにこだわりが有るわけではないが、豆を挽いてコーヒーーを淹れる事が多くなった。最初の頃はなんとなく買ったペーパーフィルターで淹れていた。素人がやってみると、毎回違う味になり、美味しい時とそうでもない時の差が結構ある。次に買ったのがステンレスメッシュフィルターでペーパーフィルター不要の「コールマン パルテノンコーヒードリッパー」という物。

アウトドア用品メーカー、コールマンのドリッパー

写真右に見えるステンレスメッシュフィルターに挽いたコーヒーを入れ、写真左の小さな穴の開いた蓋を乗せ、ここにお湯を注ぐ。他のドリッパー同様、適当に蒸らした後、少しずつお湯を注ぐ。が、蓋に開けてある穴がかなり小さい為、ある程度お湯を注がないと表面張力で下にお湯が抜けて行かない事がある。しかし一気にお湯を入れると本体側の水位が蓋の位置を越えてしまい、抽出中の液体が逆流して蓋の上に出てくる。時折蓋を外して抽出中の水位を確認しながらお湯を入れる必要がある。

これはこれで良いのだが、(ペーパーフィルターでも同様だが)挽き方によって結構抽出時間に差が出る。少し濃く出そうとして細かく挽くとフィルターが詰まり抽出時間も長くなり予想以上に濃くなったり…。更にサイズの関係で一杯ぶんのコーヒーしかセット出来ないので、二杯ぶん出すには一旦洗わなくてはならない。

そんなこんなで更に調べていると、フレンチプレスが目にとまった。日本では紅茶で使われることが多かったが、本来?コーヒー抽出用らしい。これの良いところは抽出にテクニックがいらない、というか量と時間さえ間違えなければ、同じ味のコーヒーが飲める事だ。フィルター式だと、コーヒーを通過するお湯をコントロールして、最適な「コーヒーの壁」状態をキープしなければならず、お湯を注ぐポイント、速度、液面の高さなど、かなり注意しなくては同質のコーヒーにならない。これに対して、フレンチプレスは、コーヒーが全て完全にお湯に浸かる状態をキープしているので「コーヒーの壁」は存在せず、どっぷり浸けて指定時間(通常4分)待つだけで良い。挽き方や分量さえ間違えなければ、ほぼ同じ味のコーヒーが味わえる。まあ、それで満足出来ない人はハンドドリップの技を極める道に進むことになるのだろう。

最大800mlくらい抽出できるタイプを持っているが、これだと少ない量、例えば1~2杯だけ出すことは出来ない。コーヒー粉の量が少ないと、プランジャー(ピストン状のフィルター)を下げ切っても抽出すべきコーヒーが粉と一緒に残ってしまう。少ない量に対応するには小型のものが必要になる。

大きめのフレンチプレス

2杯ぶん位に対応しているものを探していると VITANTONIOのCOTTLEという物が見つかった。COTTLE(コトル)という名前はコーヒー(COffee)ボトル(boTTLE)からのという事だろうか、保温ボトルにフレンチプレスの機能を内蔵した物になっている。抽出した後、そのまま保温できるので、移し変える必要が無く合理的だ。

Vitantonio Cottle

大雑把に、本体と蓋、そしてプランジャー(可動フィルター)の3つのパーツになっている。

持ち運ぶ時の形

組み立てると高さ25センチ位、普通の断熱ボトルで500ml位の物と同程度のサイズになる。一応保温性能を調べてみた。

COTTLEでコーヒーを淹れる時の最大量がボトル内側に示されていて、これに合わせてお湯を入れるとだいたい370mlだった。似たようなサイズの保温水筒が2つ(330mlと470ml)があるので、330mlの水筒には330ml、残りの2本にはCOTTLEに合わせて370mlのお湯(約90℃)を注いで計測開始。

330ボトル470ボトルCOTTLE
9:15
(開始時)
92℃94℃91℃
13:15
(4時間後)
72℃73℃63℃
18:15
(9時間後)
59℃62℃49℃
室温ほぼ20℃

COTTLEの初期水温が低めなのはプランジヤーを暖めなかったのも原因だろうか。6時間後にも測ろうと思っていたのだがテレワークのミーティングに重なっていたこともあり、すっかり忘れていた。まあ、見ての通りCOTTLEの方が通常のボトルに比べて保温性能は劣るが、4時間後でも60℃はキープ出来ているので良いのではなかろうか。性能低下の一因に、プランジャーの存在がある。本体と蓋の間にプランジャーを支えるパーツが挟まることで、ここから熱の移動が起きてしまうようだ。実際、測定開始時にこの部分を触ってみると通常の水筒の蓋(樹脂部分)の部分より暖かかった。温度を測ると35℃位になっていて、他の水筒と比べると10℃位温度が高くなっていた(他のボトルは気温20℃に対して+5℃の25℃くらい)。試してはいないが、この部分を何らかの保温材で覆えばかなり改善出来ると思われる。外に持ち出す時には傷・凹み防止もかねて、保温カバーなんかに入れれば良さそうだ。

本題のコーヒーに関しては、まだ一度しか抽出していないので多くは書けないが、いつもの挽き加減で30グラム使い、4分抽出したところ、目づまりの為かプランジヤーの操作がかなり重くなり、結構濃い&粉っぽい感じになった。いつもより少し粗めに挽いた方が良さそうな感じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください