受験システムについて考える

なんか、新型コロナの影響もあり、今年も受験が大変なことになってますね。昔から思っていたのですが、1年365日のうち、たった1日で運命が左右される仕組みってどうなんだろうか?

試験を運営する側から見れば、特に問題は無いのだろうが、受験生の事はあまり考えられていない気がするのは私だけだろうか?

例えばスポーツ競技、テニスをみてみると年間を通して行われる個々の試合のポイントの高い18大会の合計、ゴルフだと過去2年間のトーナメントの合計ポイントを出場試合数で割る等、となっていた。要するに、複数回のチャンス、挽回の機会がある。

この仕組み、もし大学受験とかに使えたら、受験生には精神的負担が小さくなるのではないだろうか。試験の主催者側は会場の手配、試験問題作成や管理の手間がかかるからやりたくはないだろうけど。もちろん逆に何回も受験するのは嫌な人もいるだろうけどそういう人は今まで通り「一発勝負」を選んでも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください