ヘリノックス風軽量折りたたみ椅子の足ゴム交換

ヘリノックス型のフォールディングチェア(ハイバック)を普段室内で使っている。軽くて移動が楽、背もたれが高く案外座りやすい。使い始めた頃は、座るときに本体が「グネっと」するので慎重に荷重をかけながら座っていたが、しばらく使って慣れてくると、普通の椅子のように使うようになった。

2つ持っていたが、1つは使わずに仕舞ってあった。で、これを出して使っていると、なんか黒い樹脂?の破片が床に落ちていた。調べてみると椅子の足の先端に付いている部品がいくつか割れていた。触ってみると少しベタベタしている。いわゆる加水分解したようだ。

先端が破損

取り敢えず、アマゾンで使えそうなゴム足を探す。脚の直径を測ると15mm、検索すると1個38円の物があったのでポチる。翌日到着。

内径15mmのゴム足

脚先端に黒い樹脂(写真下方)が残っているが、ここにショックコードが繋がれているので残してある。最初気が付かずにこれも取り去ろうと思い、プライヤーで引き抜いたら、ゴム紐が繋がれていた。

ショックコード接続アンカー

結局これはそのままにして、購入したゴム足を被せて完了。

ちなみに、最初に付いていたゴム足には砂地等でめり込まない用にフランジが付いてたが、室内で使う分には問題無いので良しとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください