ハンドガード取り付け

土曜日にハンドガードを付けようとしたら、バーエントに差し込んで固定するパーツの直径が僅かに大きくて入らない。測ってはいないが0.5ミリ位?
あと、本体のアルミ(バー)も長く、更に曲げか少なくてそのままでは装着不可能だ。
バーエントのプラグは万力で固定して棒ヤスリで全周を薄く削り、どうにか入るようになった。
アルミバーは安易に曲がると思っていたが、相当硬い。無理に力を加えて一気に曲がってしまったら取り返しがつかないので、作業台に万力で固定して慎重に作業する。曲がりを修正したあと、ハンドルに当てて見ると微妙に長い。付かない訳ではないがフォークの固定ビスに被ってしまう。今後の整備性を考えて2センチ弱切断。

何とか着いた。
汎用品で安いやつだから多少の手間は覚悟せねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください