タイベックではない防水透湿シートでフットプリント

先日買ったサレワのライトトレックだが、フットプリントは付属していない。

最近の軽量テントだとボトム(フロア)20Dとか、大丈夫なの?と思うような厚さだが、ライトトレックのボトムは70D。フットプリントはなくてもいいという人も居るが、理想的なサイトたけじゃないし、ドロドロのテントをスタッフバッグにしまうのも嫌なので、準備だけはしておく事にする。

使えそうな物としては、サイズが900×2100、重量132gの多目的シートは持っている。

いわゆるシルナイロン、20D。スタッフバッグ込みで138g。

ライトトレックIIのインナーのフロアサイズは幅が1200なのでフットプリントが900だとビミョーに小さい。まあ、テントの両脇150ミリずつだけだし、そんな端の方に座ったり出来ないからいいのだが、基本日帰りザックに入れっばなしなので…

とはいえ純正品は高い。以前購入した建築資材で、防水透湿シートを適当に切って使うことにした。透湿である必要はないが、基本防水で結構丈夫だし。タイベックが有名だけど、その時は近所のホームセンターで2割くらい安かった「ラミテクトHi」という物を買った。

1m×50m。4千円位だったかと…

幅1000ミリで50メーター巻いてある。ここからとりあえず2100ミリ切り出した。ちなみに重さを計ると136g、1平米あたり約65g。多目的シートは幅900で132g(カタログ値は110g!)なので70g/㎡だった。まだどう設置するか未定だが、テンションが掛かるような使い方はしないので、四隅を少しだけ折り返して補強して、穴を開けて細引きを通す位でいいような気がする。

※まだテントの試し張りしてない。室内で組み立てただけなので、ペグや張り綱でピンと張られた状態はいつ見れるのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください