左折レーン

自転車や車で走っていると左折レーンに出くわす事がある。自転車の時は直進や右折したい時でも左側車線を走らなくてはならない事になっている。しかも右に進みたい場合、二段階右折しなければならない。

左折レーンを直進する時は、それを知らない自動車の左側を直進しなくてはならないので、かなり気を使う。クラクションを鳴らされる事もある。

自動車の場合はどうか。車両通行帯のある道路は、基本的には左側のレーンを走行しなくてはならない事になっている。この原則通り左側を走るのだが、通行区分の標識がない交差点だと、渋滞しているとかなり近づかないと道路標示(ペイント)が確認出来ない事がある。

左折専用レーンがある交差点は必ず通行区分標識を見易い場所に設置してもらいたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください