二段階右折用信号機

自転車(軽車両)は、交差点では常に二段階右折する事になっている。

信号機のある交差点が十字路の場合は、あまり問題ない。どういう事かというと、普通は交差点に向かう4方向全てに信号機、又は一時停止の標識があるから。

問題は丁字路。丁の字で言うと下の方から来た場合、突き当たりに向かう場合は信号か一時停止の標識がある。二段階右折する場合、突き当たりで一旦止まり、右(右折方向)の信号が青になるのを待って進めば良い。

ところがこの丁字路、左から来て右に曲がる場合、信号が無い事がある、というか無いことのほうが多いかも…。

写真右から来て右折方向を見たところ

写真のように、進みたい方向に信号はない。写っている信号は向こう向き。

似たような事は一方通行(自転車を除く)の出口がある交差点にもある。そこには信号も一時停止の標識もない。近くの交番で質問したら、「歩行者信号が併設されてるこら自転車降りて歩いて渡って」との事。

まあ、道交法に従えば、歩行者になるか、あるいは軽車両として通行したいなら、「見通しの悪い信号機の無い交差点」として注意して渡るか。

やはり行政は自動車優先という事か…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください