ubuntu -> lubuntu でPC軽量化

Windows XPのデスクトップPCが一台あり、サポート期限の2014年頃まで使っていた。多分その頃にLinuxベースのubuntu 14.04LTSを使い始めたように思う。

要らないものを削除してHDDに空きを作って、ubuntuインストール用のパーティションを作る。パーティション作成の作業は確かubuntuのインストーラーで出来たと思う。

デュアルブート環境(起動時に使いたいOS、windows/ubuntuを切り替え可能にする)も設定しておく。

まあ、凝った事をしないのであれば、大抵の事はubuntuでも問題ない。逆にwindowsでは見つからない優秀なアプリが無料で使えたりする事もある。

このubuntu 14.04LTS、サポート期限が2019年と言う事と、なんか動作が緩慢になってきた事もあり、数ヶ月前に18.04LTSにアップグレードした。

まあ、クリーンインストールでは無いので動作の改善は余りきたいしていなかったのだが…

と書くと、改善したのかと思われそうだが、改善しないどころか、改悪してしまった。ブラウザ(Chrome)のタブが増えてきた時の、「フリーズしたのか?」みたいな。

あと、うすうす覚悟はしていた、「プリンタ使えるかな」問題。使えなくなりました…。

DellのノートPCとのセット割引で買ったカラーレーザープリンタ、1320c。Windows用ドライバは有るが、ubuntu(Linux)用は無い。webを漁るとXeroxのDocuPrint C525Aのドライバが使えるとか。で苦労して使えるようにしたのだが。

プリンタは、最悪、ノートPCやデュアルブートのWindows XPでも印刷できるからなんとかなるが、「重さ」が耐えられない。

古いPC(Core2Duo,4GB)だから動作要件的な物かと思って半分諦めていたが、ちょっと検索してみた。

で、見つけたのがlubuntuなるディストリビューション。

かなり軽いという評判だ。ベースとなるubuntu(Linux)に環境や設定のみ追加して使えるようだ。クリーンインストールせずに今の環境を維持したまま試せるのはイイ。

やった事は、

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt install tasksel
$ sudo tasksel

だけ。上の二行で現在の環境の更新、次に環境切り替えのためのtaskselのインストール、最後に起動(システムへの組み込み)だけ。

(自分の場合、sudoは使わずにsuperuserになって作業したが)

再起動(ログインし直すだげでも行けたかもしれないが)してログイン画面の時に設定アイコンをクリックするとリストボックスでlubuntu選択出来るのでチェック。で、ログイン。

いゃー、軽くなりなした。 しかも使えなくなっていたプリンターまでなぜか復活するというオマケつき。何が影響したのかは不明ですが…。

しばらくはこのまま使えそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください