港区(東京)の温水プール事情

最近、運動量が減ってきている。夏場は猛暑で朝から暑かったので、唯一平日に運動量を稼げる、「最寄りでない駅」まで自転車通勤があまり出来ていない。最近は朝だけ雨とか帰宅時間だけ雨みたいな不順な天候が多く、なかなか実践出来ない。そんなときに、たまたま職場(品川)のある港区のプール事情を知った。なんと公立の小中学校のプールを一般解放しているのだった。一般解放と言っても港区民と区内に通勤通学している人だけではあるが。

公立小中学校なのだがが、さすが港区、室内温水プールなのだ。まあ土地利用効率的な面もあるのだろうが。

品川駅辺りからだと、港区のコミュニティバスの「ちいばす」の高輪ルートで行ける高松中学校のプールが便利。高輪2丁目で降りてすぐの所にある。また地下鉄なら最寄り駅は白金高輪駅になる。

夜の高松中学校正門

最初に来た時は、入って良いものか分からず、近くを散歩している人に確認した。中に入ると仄暗い階段が…

階段の先は…

階段を降りて行くと人感センサーライトが点灯し、事なきを得る。

プールへの入り口。温水プールはこの建物の5階だ

土足禁止なので入り口でスリッパに履き替えてエレベーターで5階まで行けばプール受付、と言っても券売機と折り畳みテーブルの受付があるだけだ。更衣室は10円リターン式のコインロッカーと簡易脱水機がある。ここの更衣室は床が全然濡れていないと思ったら、プールサイドにタオルを持って行ってくれとの張り紙がある。プールから上がったらシャワールームで体を拭いて、更衣室には水を持ち込むなと言う事らしい。お陰で更衣室も清潔感が維持されている。

今日は団体さんがいなかったので、泳いでいる人は最大4人だけだった。ほとんど貸切状態で500円(18:30~20:30)。使わない理由がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください