ADV150、速度計の誤差と最高速

youtubeでADV150を検索すると、最高速チャレンジの動画が見つかる。多くの動画で概ね115km/h程度なのだが、1つだけ106km/hとなっていた。その動画はサーキットでの計測で、ライダーはかなり前傾してウインドシールドに体が隠れるようにして走っていたのだが、他の動画より最高速は低くなっていた。動画をよく見ると、テロップで「サーキットのトランスポンダーで計測」と書かれていた。他のサイトはADV150のメーター読みだったので、「これは?」と思い、出掛けたついでにGPSの表示とADV150のメーター表示を比べてみた。

安定して速度を維持出来そうな直線区間を選んでGPSで速度を表示しておき、バイクの速度を徐々にあげて行く。メーター読みで49と50を行ったり来たりしているあたりでGPSの速度表示を見ると46km/h位、59~60付近の時は55km/h位だった。

これらから、実際の速度を得る為の補正値αは、

時速50kmの時 α=46/50 = 0.92

時速60kmの時 α=55/60 = 0.9166…

大体0.92になった。この値を使い、106km/hの時のメーター値を逆算すると

106/0.92 = 115.2km/h

となり、多くの人が言っている最高速と一致した。と言うことでADV150の実際の最高速はおよそ106km/hくらいになるのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください