ナルゲンのボトルで自宅用麦茶

麦茶の季節になると水だし麦茶の入れ物が必要になる。冷蔵庫に入る大きさで、1リッター位の。

今まではホームセンターで売っている透明の樹脂製の、それようの容器を使っていた。が、冷蔵庫内のスペース効率を考えてか、四角いものが多い。この形状の欠点は隅についた汚れが取りにくい事だ。そして、パッキンのついたふた。洗いにくいのは言うまでもないが、油断すると黒いカビが生える。

で、思い付いたのがたまたま家に有ったナルゲンのボトル。

パッキンは無いが密閉性は万全だし、丸いので洗いやすい。追加でもうひとつ買ってしまった。

じゃあ、これもいけるのでは?とコーヒー豆の保存容器にしてみた。

家に有った500ccサイズだと、200gは入りきらない。このひとつ上のサイズの0.65ならはいるかな、と思ってアマゾン検索していたらナルゲンで200g用のコーヒーキャニスター出してた。レビューも見てみたら0.65と同じサイズらしい。目盛りの印字が違うだけ?

ナルゲンボトルは液体だけじゃなく、湿気ってはいけない物の保存にも使えて便利だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください